テーマ:

半夏生

前回で暦の七十二候全てを綴りました。 あっという間の1年でした。 暦を綴ろうと思ったきっかけが半夏生です。 1年前に植物の半化粧に出会ったことから始まりました。 こんな不思議な植物があることに驚き、調べ、暦に興味を持ちました。 ほんとに不思議な植物です。 その半化粧の写真をもう一度UPして終わりに・・…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

暦~菖蒲華~

二十四節気 夏至(げし) 七十二候  菖蒲華(しょうぶ はなさく) 6月26日頃から7月1日頃 あやめの花が咲くと云う意味 あやめ・カキツバタ・花菖蒲の違いってわかりにくいですよね。 見分け方としては外花被片の模様で見分けるそうです。   種別…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

暦~乃東枯~

二十四節気 夏至(げし) 七十二候  乃東枯(ないとう かるる) 6月21日~6月」25日 夏枯草が枯れると云う意味 夏至は昼が最も長く、夜が最も短くなる日です。 朝は4時過ぎには夜が明けはじめ、夕方は7時前まで…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

暦~梅子黄~

二十四節気  芒種(ぼうしゅ) 七十二候   梅子黄(うめのみ きなり) 6月16日から6月20日 梅の実が黄ばんで熟すと云う意味。 梅は約30くらいの県や市で県花・市花に指定されています。 日本人にとって梅は親しみある花・実なのですね。 全国…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

暦~腐草為蛍~

二十四節気  芒種(ぼうしゅ) 七十二候    腐草為蛍(ふそう ほたるとなる) 6月11日から6月15日 腐った草が蒸れ蛍になると云う意味。 以前住んでいた熊本は蛍を見れるところがあちこちにありました。 {%キラキラweb…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

暦~蟷螂生~

二十四節気  芒種(ぼうしゅ) 七十二候    蟷螂生(とうろう しょうず) 6月6日から6月10日 蟷螂が産まれ出ると云う意味。 蟷螂は細い体に6本の脚、その中でも前脚が鎌状になっていて 頭部が逆三角形であることが良く知られている特徴です。 蟷螂…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

暦~麦秋至~

二十四節気   小満(しょうまん) 七十二候    麦秋至(ばくしゅう いたる) 5月31日から6月5日 麦が熟し麦秋となると云う意味 この時期に麦は収穫されます。 麦にとっての「収穫の秋」であることから名付けられた季節、 麦秋だそうです。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

暦~紅花栄~

二十四節気  小満(しょうまん) 七十二候   紅花栄(こうか さかう) 5月26日から5月30日 紅花が盛んに咲くと云う意味 小満とは万物が成長して一定の大きさになる頃で 暦便覧では 「万物盈満(えいまん)すれば、草木枝葉繁る」 と記されて…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

暦~蚕起食桑~

二十四節気  小満(しょうまん) 七十二候   蚕起食桑(かいこ おこって くわを くらう) 5月21日から5月25日 蚕が桑を盛んに食べ始めると云う意味 蚕は家蚕(かさん)とも呼ばれ、家畜化された昆虫だそうです。 家畜化された昆虫?ってどういうこと!!…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

暦~竹かん生~

二十四節気  立夏(りっか) 七十二候   竹かん生(ちくかん しょうず) 5月16日頃から5月20日頃 筍が生えてくると云う意味 普段食べている代表的な筍はモウソウチクですが、 ハチクやマダケもよく知られています。 竹の地下…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

暦~蚯蚓出~

二十四節気 立夏(りっか) 七十二候  蚯蚓出(きゅういん いずる) 5月11日頃から5月15日頃 蚯蚓が地上に這い出ると云う意味 蚯蚓は土を食べ そこに含まれる有機物や微生物 、小動物を消化吸収し、粒状の糞を排泄する。{%ー(長音記号1)docomo%…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

暦~蛙始鳴~

二十四節気  立夏(りっか) 七十二候   蛙始鳴(かえる はじめて なく) 5月5日から5月10日 蛙が鳴き始める頃と云う意味 蛙と云えば「蛙の合唱」ですよね。 この歌は輪唱で歌われますが、意外なことが隠さ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

暦~牡丹華~

二十四節気 穀雨(こくう) 七十二候   牡丹華(ぼたん はな さく) 4月30日頃から5月5日頃 牡丹の花が咲くと云う意味 牡丹の花は見るからに豪華で逞しさを感じます。 美しい人を表すのに「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

暦~霜止出苗~

二十四節気 穀雨(こくう) 七十二候   霜止出苗(しも やんで なえ いず) 4月25日頃から4月29日頃 霜が終わり稲の苗が成長すると云う意味 霜は物体の表面が冷やされて空気中の水蒸気が昇華(固体化)し、 氷の結晶として堆積したものだそうです。{%顔…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暦~葭始生~

二十四節気 穀雨(こくう) 七十二候   葭始生(よし はじめて しょうず) 4月20日頃から4月24日頃 葦が芽を吹き始めると云う意味 「ヨシ」と云う名は「あし」が「悪し」に通づるのを嫌って、 逆の意味の「良し」と云い換えたのが定着したそうです。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

暦~虹始見~

二十四節気 清明(せいめい) 七十二候  虹始見(にじ はじめて あらわる) 4月15日頃から4月19日頃 雨の後に虹が出始めると云う意味       {%虹w…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

暦~鴻雁北~

二十四節気 清明(せいめい) 七十二候  鴻雁北(こうがん きたす・こうがん かえる) 4月10日頃から4月14日頃 雁が北へ渡って行くと云う意味 明治維新後の狩猟法で猟鳥に指定され多獲されたそうです。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

暦~玄鳥至~

二十四節気 清明(せいめい) 七十二候  玄鳥至(げんちょう いたる) 4月5日頃から4月9日頃 燕が南からやって来ると云う意味 玄鳥は燕の異名である。 燕は日本には夏鳥として春先に飛来します。{%吹き出し♪hd…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

暦~雷乃発声~

二十四節気 春分(しゅんぶん) 七十二候  雷乃発声(らい すなわち こえを はっす) 3月31日頃から4月4日頃 遠くで雷の音がし始めると云う意味 雷は雲と雲 、雲と地の間に起きる大規模な放電現象
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

暦~桜始開~

二十四節気  春分(しゅんぶん) 七十二候   桜始開(さくら はじめて ひらく) 3月26日頃から3月30日頃 桜の花が咲き始めると云う意味 開花期は品種によってばらつきがあります。 山桜は3月下旬。染井吉野は4月上旬。八重桜は4月中旬。{%桜webr…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

暦~雀始巣~

二十四節気 春分(しゅんぶん) 七十二候  雀始巣(すずめ はじめて すくう) 3月21日頃から3月25日頃 雀が巣を構え始めると云う意味 21日は春分日です。 春分の日は年によって日がかわります。 20日・21日頃だ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

暦~菜虫化蝶~

二十四節気  啓蟄(けいちつ) 七十二候   菜虫化蝶(なむし ちょうと けす) 3月16日頃から3月20日頃 青虫が羽化して紋白蝶になると云う意味。 紋白蝶が飛び始めるのを見ると春だなぁと感じます。 しかし紋白蝶が秋に飛んでいるのを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暦~桃始笑~

二十四節気 啓蟄(けいちつ) 七十二候  桃始笑(もも はじめて わらう) 3月11日頃から3月15日頃 桃の花が咲き始めると云う意味 雛祭りの歌に『…~お花をあげましょ桃の花~…』と云う歌詞が思い浮かびました。 桃の節句とも云いますね。{%春webry…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

暦~蟄虫啓戸~

二十四節気  啓蟄(けいちつ) 七十二候   蟄虫啓戸(ちっちゅう こを ひらく) 3月6日頃から3月10日頃 冬籠りの虫が出てくると云う意味。 冬籠りしていた虫が目覚め活動し始める時期ですね。 実際には『最低気温が5…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

暦~草木萌動~

二十四節気 雨水(うすい) 七十二候  草木萌動(そうもく めばえ いずる) 3月1日頃から3月5日頃 草木が芽吹き始めると云う意味      草が芽吹き始めている秋吉台。                よく見…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

暦~霞始たなびく~

二十四節気  雨水(うすい) 七十二候   霞始たなびく(かすみ はじめて たなびく) 2月24日頃から2月28日頃 霞がたなびき始めると云う意味 霞とは霧や靄などで遠くの景色がぼやけている様子で、文学的表現だそうです。 {%霧do…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

暦~土しょう潤起~

二十四節気 雨水(うすい) 七十二候  土しょう潤起(つちのしょう うるおい おこる) 2月19日頃から2月23日頃 雨が降って土が湿り気を含むと云う意味 雨水…空から降るものが雪から雨に変わるころ。 雪が解け始め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暦~魚上氷~

二十四節気   立春(りっしゅん) 七十二候    魚上氷(うお こおりを のぼる) 2月14日頃から2月18日頃 割れた氷の間から魚が飛び出ると云う意味 2月14日と云えばバレンタインです。{%バレンタインチョコhd…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暦~黄鶯なく~

二十四節気   立春(りっしゅん) 七十二候    黄鶯なく(うぐいす なく) 2月9日頃から2月13日頃 鶯が山里で鳴き始めると云う意味 鶯は日本3鳴鳥のひとつで、春告鳥の別名を持ちます。 ホトトギスの托卵対象になっています。{%顔モジヘェー(シェイク…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

暦~東風解凍~

二十四節気    立春(りっしゅん) 七十二候     東風解凍(はるかぜ こおりとく) 2月4日頃から2月8日頃 東風が厚い氷を解かし始めると云う意味 立春は冬至と春分のほぼ中間にあたり昼夜の長さを基準に季節が分けられている。 この日から立夏の前日まで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more